実際のところ、ナンパってどうなの?

男女の出会いの中で、ナンパというとチャラくて軽いイメージがあり本気でないように感じてしまいます。
ですが、ナンパであってもナンパをする男性の人柄や雰囲気によってもかなりイメージは異なります。
女性側の対応も変わります。

明らかに時間つぶしが目的で、遊びによるチャラい感じのナンパであるなら成功率も低くなります。
声をかけてくる人の特徴も見たからにだらしなく、誠実な感じがしないため女性からオーケーをもらえないでしょう。

ですが、声をかけてきた人がさわやかであり、いたって真面目そうな男性であったら女性はオーケーを出しやすく、成功率も高まります。
そういった場合、女性にしていることはいたって一緒であってもナンパとは言い表さず、声をかけられたといった表現になるのが特徴です。
女性は男性の見た目や雰囲気によって言い方を変えてしまうようです。

ですから同じナンパであっても、声をかける男性の見た目によって女性は見極めるようです。
チャラい感じで軽い感じがする男性なら、危険を感じたり誠実さがないと感じて男性についていくことを拒否します。
反対に、さわやかで誠実そうな男性でしたら結婚までも背景に考えてしまう女性もいらっしゃるようです。
これだけ女性に与えるイメージが違うのです。

ですから、男性も本気で女性とお付き合いをしたくてナンパをするのなら真面目な雰囲気が大切です。
女性はわざわざ危険な感じや危なっかしい雰囲気の男性に近づこうとはしません。
反対に避けて通ろうとします。
もし出会いのきっかけとしてナンパを行うなら女性に失礼がないようなスマートな対応が必要です。
外国の男性は、ナンパがうまく女性に好印象を与えます。
それは女性に対して紳士的な対応であるからです。
そこが大きく日本人の男性と異なるところであるでしょう。

実際にナンパをきっかけにお付き合いが始まり、結婚にまで至った方もいらっしゃいます。
それは男性側の見た目がさわやかで、声のかけ方も嫌な感じがしなかったからでしょう。
きっかけは突然のナンパであっても、その人の真剣な恋愛の仕方や相手を思いやる気持ちがあれば、恋愛へと発展して結婚にまで到達することも大いにありえます。
一般的にナンパというと、あまりいいイメージではないのですが、男性側の対応や外見次第でそのイメージは180度変わるので一概によくないとは言えません。
男女の出会いのきっかけを作る方法の一つとして十分考えられます。